【PR】

QuQuMo
「お持ちの請求書」を最短2時間でスピーディに現金化する売掛金買取サービスです
他社で断られた経験のある方も1度ご相談ください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


QuQuMo(ククモ)


メンターキャピタル
赤字・債務超過・個人事業・税金滞納でもOK!・審査通過率92%
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


メンターキャピタル


CoolPay(クールペイ)
請求書・通帳をカメラで撮影して送るだけ!!お手元の法人宛の請求書を最短60分で現金化できます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


CoolPay(クールペイ)


チョウタツ王
30万円〜最大1億円まで対応!
売掛金の売却査定を複数企業へ一括見積もり出来る一括査定サービスです!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


チョウタツ王


資金調達プロ
10秒で完了!カンタン無料診断で、今いくら資金調達できるかすぐに分かる無料診断フォームを公開中です!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


資金調達プロ






【PR】


来店不要で原則無担保無保証
即日ご融資可能な
事業者向けビジネスローン

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


AGビジネスサポート



GMOあおぞらネット銀行の
融資枠型ビジネスローン
【あんしんワイド】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あんしんワイド

 

最大1億円まで融資可能!
審査は最短60分
来店不要で全国即日OK

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アクトウィル

 

他社で借り入れ中でもご利用OK
最短即日でのお振込
大口の融資可能

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ファンドワン

 

事業者ローン審査激甘

まず最初に大切なアドバイスになりますが、審査激甘の事業者ローンというのは存在しません。

もしも審査激甘という謳い文句の事業者ローンがあったとしたら、絶対に利用しないで下さい。
そのような業者は法外の手数料を取る悪質業者の可能性が高いからです。

もし貴方が現在、審査に通りやすい事業者ローンをお探しなのであれば、銀行系事業者ローンサービスを利用するのではなく、ノンバンクの事業者ローンをご利用することをおすすめします。

ノンバンクの事業者ローンであれば、審査激甘という訳ではありませんが、銀行系事業者ローンよりも審査に通りやすいというのは事実です。

さらにメリットとしては、お申し込みから融資までが圧倒的に早く進みます。
総量規制対象外ですので大きな金額の融資にも対応しています。

また、ビジネスローンでは、赤字状況でも資金提供を受けることが可能です。
赤字が続いている場合でも、事業の将来性が見込まれれば審査に通過する可能性があります。

ファクタリングとは何ですか?

ファクタリングは、企業が売掛金(未回収の請求書)を金融機関や専門業者に売却することで、即座に現金を受け取る手法です。売掛金をすぐに現金化することで、企業は資金繰りを改善し、事業の運営資金不足を解消することができます。

ファクタリングの仕組み

  • 企業は未回収の請求書をファクタリング会社に売却します。
  • ファクタリング会社は、売掛金の一定割合(通常は70〜90%)を即座に企業に支払います。
  • 顧客が請求書を支払った際に、残りの部分から手数料や手数料を差し引いて残額を企業に支払います。

ファクタリングの利点

  • 即座に現金を手に入れることができるため、資金繰りを改善し、事業運営に必要な資金を確保できます。
  • 売掛金回収リスクをファクタリング会社が負うため、企業は貸倒れのリスクを軽減できます。
  • 貸倒れリスクの軽減により、企業は信用力が向上し、追加の融資や取引条件の改善が見込めます。

ファクタリングと融資の違い

  • ファクタリングは未回収の請求書を売却することで資金を得る一方、融資は借入金を返済することで資金を得ます。
  • ファクタリングでは売掛金が担保となりますが、融資では通常は担保や保証人が必要です。
  • ファクタリングは売掛金の回収リスクをファクタリング会社が負いますが、融資では借り手がリスクを負います。

資金調達の方法

  • 株式発行:企業が株式市場で株式を発行し、投資家から資金を調達する方法。
  • 債券発行:企業が債券市場で債券を発行し、投資家から資金を調達する方法。債券は利子を支払うことで投資家に利益を提供します。
  • 銀行融資:金融機関から借入金を受け取る方法。担保や利子が必要です。
  • リース:資産を購入する代わりに、その資産をリース会社から借り受け、一定期間にわたって使用する方法。
  • ファクタリング:未回収の請求書をファクタリング会社に売却することで即座に現金を受け取る方法。

適切な資金調達方法の選択

適切な資金調達方法を選択するには、企業の資金ニーズ、資金用途、返済能力、リスク許容度などを考慮する必要があります。また、資金調達コストや手続きの複雑さも考慮すべきです。最適な方法は、それらの要因をバランス良く考慮した上で選択されるべきです。

タイトルとURLをコピーしました